sky’s 雑記

露頭に迷うエンジニア雑記

ネット村社会から開放されて幸せに生きる方法はあるのだろうか

ここ最近評価経済社会を実感することが増えた。

ちなみに評価経済社会については以下の記事でも書いてあるとおり

「僕らは評価経済の高度成長期に入った」 週刊東洋経済インタビュー ノーカット版掲載! - FREEexなう。

1億円持ってる人より、Twitterのフォロワーが100万人いる人のほうが偉いという価値観。

世の中的にはインターネット化が進んでいろんなサービスが出てきて、 人とつながる機会は増えたと思うんだが、 同時にネットオリジンなリアルコミュニティも増えているように思う。

評価経済社会でいう評価=リアルコミュニティでの評判になっていて、 もはやネットとリアル別々に語ることはできない状態だと思う。

ちょっと前までは人とのつながりがもっと希薄で生きやすかったんだけど、 最近はネットで活動するにしてもリアルでの評価や繋がりがあってナンボだし。

インターネットなら誰とでも繋がれるといっても結局ネット村社会に属するってことなんだよなぁ、 俺みたいな村に属したり調和を取ることが苦手な人には辛い世の中になってきたと感じざるを得ない。

世の中はコミュニティの流れだから真逆の考えではあるんだが、 同じようなこと感じている人いると思うんだけどなー、 いないのかな。