sky’s 雑記

露頭に迷うエンジニア雑記

【Ethereum/solidity】ゼロから始めるDapps開発

ブロックチェーン周りの技術は日進月歩で発展しているので、 1年前の情報でも既に使い物にならないということも多い。

この記事ではブロックチェーン未経験のエンジニアが、 Ethereumを利用したアプリケーション(Dapps)を開発するとき、 何をすればよいかまとめていく。

ちなみに私は業務ではRailsウェブアプリケーション、kotlinでandroidアプリなどを開発している、 エンジニア歴としては5年程度なのでマイルストーンとして参考にしてほしい。

1. CryptoZombies

cryptozombies.io

Dapps開発にはsolidityというjavascriptライクな言語を用いる。 このsolidityの文法からクライアント側との連携まで網羅的に学ぶことができるのがCryptoZombiesである。 講座はLesson1から6まで存在しており、はじめは初歩的なsolidity文法から学ぶことになる、 若干退屈感は否めないがところどころ中央集権型のアプリケーションには存在しない、 ブロックチェーン特有の言語概念が存在するので是非CryptoZombiesに取り組むことをおすすめする。

ちなみにCryptoZombiesもまたLoomNetworkを利用したDappsである。

2. Pet Shop Tutorial

Truffle Suite | Tutorials | Ethereum Pet Shop -- Your First Dapp

solidityに慣れDappsの概要がつかめるようになったら、 より詳細なDapps開発の生態系を知りたくなるはずだ。 だがCryptoZombiesを終えただけでは、 Dappsを開発しようと思ったときどうしてよいかわからないということになると思う。

Pet Shop Tutorialでは、 ローカルでブロックチェーンを利用できるGanacheやDappsフレームワークであるtruffleを用いて、 実際にペットをethで購入できるアプリケーションの開発を行う。

Pet Shop Tutorialを終えると自分の作りたいDappsがあったとき何すればよいのか、 具体的な道筋が頭の中に思い描けるレベルになっているはずだ。

終わりに

簡単にDapps開発が行えるようになるまでにやることを紹介したが、 私もまだ初心者なので逐一記事の更新を行っていこうと思う。